2011年09月10日

9月8日 舞台会議

こんにちは。メンバーの小野木です。

きょうのひかりを終えて、
現在僕たちは新しい活動の企画中です。
そのことを8日に話し合いました。

サポートの社会人の方々に迷惑をかけ続け、
なかなか学生が独り立ちできていない現状から、
今回は親離れ的な意味を込めての活動になります。



演劇「勝者はどこへ行った」


戦時の特攻隊員とその周りのエピソードを通して、
「愛する」とは何かを考えてもらう。
また、特攻隊員が自らの命と引き換えにが挙げた戦果とは、
多くの米兵の「死」であったという現実から、
「勝者」などいない戦争の現実を若者の心に残す。


こうした趣旨で、演劇とドキュメンタリーを融合させた
舞台を企画中です。


公演の目標は11月ということで、
何から何まで猛スピードでやる必要があります。
脚本、演出、演技、広報・・・
すべてメンバーの手による完全なハンドメイドです。


どれくらいの規模でできるか、見通しは甘くありませんが、
いいモノを創りあげようというモチベーションをもって、
精一杯取り組んでいきます。


小野木翔
posted by きょうおんP at 00:51| Comment(0) | 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。