2011年04月29日

ミーティング

お久しぶりです。

東日本大震災から昨日で、四十九日が経ちました。
被害を受けられた多くの方に、心からお見舞いを申し上げます。

本日、4月29日18時から、同志社大学にて会議を開きました。

今年のおんこちしんプロジェクトは、東日本大震災を受け、私たちに何ができるのか・・・

去年もお世話になりました、電通の京都支社長の服部さんからアドバイスをしていただきました。

CIMG6919.JPG

↑会議の様子

第一期おんこちしんプロジェクトは、戦争体験をされた多くの方から証言をしていただき、二度と戦争を起こしてはならないと強く思いました。そして私たちは、これからの日本をどのように作っていくのかを考えながら活動をしてきました。

東日本大震災についても同じことを言えると思います。
震災を受けて、地震の恐ろしさを改めて実感し、原発について知り、多くの電力に頼って生活してきたこと気がつきました。

私たち京都にいる学生は、何ができるのか?

私たちの目線で、今後の日本のありかたについて考え直していきたいと思っています。

これから日本を担っていく私たち学生。

多くの学生と議論を交わし、考えていきたいと思います。


『私たちの進むべき将来は』

花川奈穂

posted by きょうおんP at 23:45| Comment(0) | 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。